« 2019年1月 | トップページ

2019年2月18日 (月)

公開質問状への回答書

先日、南九州の文化と建築を考える会が提出した公開質問状に対する回答書が、2月18日付けで都城市役所 総合政策部より出されましたので収録しておきます。

JPEGデータとPDFデータで収録します。PDFは一部文字化けがあるようですが申し訳ありません。
001
 
002
 
003
 
004
 
005
 
006
 
007
※このpdf文書は、見やすくするため、市の回答書をいったんパソコンに取り込み、ワープロデータに変換したものをpdf化してあります。
そのため、一部文字化けが発生しました。チェック・修正したつもりですが、文字の誤植は本来の市の回答書とは関係ありません。こちらの修正漏れです。
 

| | コメント (5)

2019年2月13日 (水)

各紙の報道より

昨日のイコモスレター提出と鰺坂教授の記者発表を受けての各紙の報道をまとめておきます

20190213

朝日新聞 2019年2月13日
201902132
宮崎日日新聞 2019年2月13日
Img_8920
毎日新聞 2019年2月13日
Img_8922_2
読売新聞 2019年2月13日

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

イコモスからのメッセージ2

イコモス・ICOMOS(国際記念物遺産会議)から再度、都城市民会館の解体危機に関する警告メッセージ文が提出されました。

先回は池田都城市長あてに出されましたが、今回はそれに加えて柴山文部科学省大臣、宮田文化庁長官、河野宮崎県知事、榎都城市議会議長が追加され、計5者に対して文書を出すということに。
世界遺産ともなると、一市長の判断にゆだねるには問題が大きすぎるということだろう。国・県にもこの問題を共有してほしいということか。
イコモスは文化遺産に関する国際的な専門機関であり、ユネスコの世界遺産の登録に際しては、ユネスコがイコモスに諮問するなど大きな影響力をもつ。
なお、国際イコモスの会長は河野さんという日本人であるようだ。
今回出された文書は、イコモス内の20世紀遺産に関する国際学術委員会(ISC20c)委員長ガニー・ハーボェ氏との連名での提出になっている。
今回発表された英文の文書を収録しておきます。
夕方のテレビニュースでは県庁で記者発表するイコモス委員の鰺坂(鹿児島大学教授)さんの姿と、会館の状況などが大きく扱われていた。NHKの他、UMK、MRTでも報道された。

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

各紙の記事 2019年2月6日

先日の池田市長の記者発表を受け、翌日の各紙に市民会館解体を伝える記事が載った。

以下に収録しておきます。
どの記事がどの新聞か不明なものがあります。一部記事が切れているものもあります。
後日、きちんと整理したいと思います。
Img_88542
紙 不明 2月6日
 
Img_8855_r12
紙 不明 2月6日
 
Img_88562
毎日新聞 2月6日
 

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

イコモスから都城市長への手紙

2019年2月4日付けでイコモス・ICOMOS(国際記念物遺産会議)から池田都城市長あてに、都城市民会館の保存を求めるメッセージが発せられました。

池田都城市長は翌日(5日)の定例記者発表において、都城市民会館の解体の方針を発表する予定であり、そのことに対するメッセージの発現としての措置です。
その英文と日本文を収録します

| | コメント (0)

都城市民会館に関する公開質問状 提出

都城市民会館を取り巻く状況が厳しくなってきた。

日本建築学会は、民間による会館の活用提案を模索しており、都城市との取り決めでその締切が1月31日となっている。市はそれまでに具体的な提案がなければ解体やむなしという強固な意志を一貫して示している。
先日、その締切が来たのだが、情報では実現可能な具体的な提案はまとまらなかったらしい。
都城市民会館は世界遺産の候補ともされているこの地のかけがえのない文化遺産であるにもかかわらず、昨年、南九州大学が20年間の借用契約を中途で破棄し、返還の申し出をして以来、都城市は12年前の解体の決議を原点とするという意味不明な論理で一気に解決しようとしているが、わたしはそれには絶対的に反対する立場だ。
12年前の決議は、新しい音楽ホールができ、築40年の市民会館の今後をどう考えるのかということが論点であった。
それから12年が過ぎた現在、市民会館はすでに築50年を過ぎ、登録こそされていないが、立派な文化財である。20世紀の建築文化遺産としての価値は、12年前よりはるかに高い次元で認められている。
12年前に大学に20年間無償で貸与するためアスベストを除去する予算を可決し、新たな利活用を決めた時点が戻るべき原点であろう。もっといえば、50数年前、市民のためのホールが欲しいという切実な願いを込めて建設を決めた時点を原点にすればいい。
日本建築学会では、今回の改修計画をまとめるにあたり、建設当時の構造計算をもとにした詳細な構造適検討をしており、それによると大規模な耐震改修も不要であるとのこと。
そもそも、専門的な音楽ホールは新しい文化ホールがあるのであるからそこを要求する必要もなく、市民が気軽に利用できる集会交流施設・社会教育施設に転用すれば、解体に要するとされる数億円の費用でも充分に改修利活用が可能である。そうすれば、本来の意味での「市民会館」になるだろう。
そもそも、昨年の市民4000人を対象にしたアンケートでは、解体派が83%という数字が喧伝されているが、実際の有効数は1150人であり3割にも満たない。アンケートの結果を報道する際は、「アンケートで市民4千人のうち1150人が解体と答えた」と言って欲しい。
実際は市民の大多数はこの問題に無関心であり、どうでもいいのである。市民の多くは、仕事と子育て、両親の介護に追われてそれどころではないのだ。
文化のことは長期的な視点に立ち、行政が責任をもって判断すればいい。そのために税金と行政がある。行政マンは市民を文化的にミスリードしないように、旅に出て見聞をひろめ、たまにはコンサートや美術鑑賞をするなど文化度を高めるためにこそ、その報酬が決められ、支払われている。
だいたい、アンケートの添付資料には保存改修に40数億円かかるとかコンクリートの劣化が激しいとかマイナスの要素がちりばめられているし(会館の建築的価値を示す資料も部分的にはある)、12年前の解体83%のアンケート結果と解体の決議の歴史とともに、市の基本的な考え方として、「解体すべきである」とはっきりうたっている。
こんな恣意的とも言えるアンケートにおいて、3割未満の人しか解体と回答しなかったことの方が驚きであると言えるのかもしれない。
劣化のことに関していうと、築50年のコンクリート造建築がある程度劣化しない方がおかしい。中性化は確実に浸透していく。鉄筋の暴露は一般的にはあって当然である。アンケート添付の資料に、劣化を示す証拠写真のひとつとして扇の要のコンクリート部分に苔が発生している写真が載せてあるが、これは劣化とはまったく関係ない次元であり、市のメンテナンスの放棄(昨年までは大学の管理かもしれないが、それ以前からこの部分は植物が生えていた)を示しているにすぎない。市民の貴重な資産を適切なメンテナンスなしで劣化させておいて、なんと思っているのか。
むしろ、わたしは会館のコンクリートは密実で良質な施工の部類であるとおもう。当時は生コン車がなく、現場でプラントを組んでコンクリートを製造・打設していたので、コンクリート自体は現在よりはるかに良質であるに違いない。タイルも貼ってないローコスト仕様であるので、ほとんどの建築で問題となっているタイル剥落の危険性もなく、部分的に補修すればまだ十分耐用可能である。
そんなこんなで、わたしは世界遺産候補を壊そうとする市の姿勢に大きな疑問を持っていますので、仲間とともに本日、市に公開質問状を提出し、NHKの取材を受けてきました。
以下に収録します。
昨年12月のシンポジウムで山名先生が示した世界遺産「メタボリズム建築群」のスケジュール案も併せて添付します。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ