« s町のこども園 | トップページ | 末吉 住吉神社と流鏑馬 »

2017年12月 4日 (月)

「南九州の現代作家たち」展 終了

Img_5850_2 Img_5851_2 Img_5921 Img_5922 Img_5924

都城市立美術館が10年ごとに開催する企画美術展「南九州の現代作家たち」メーッセージ2017展が12月3日で終了した。
20年前の1997年からはじまり、今回で3回目となる同館注力の企画であり、ことしも南九州にゆかりのある多彩な作家がそろった。
内外から関心の高い展覧会になっているとおもう。
上の写真ふたつは戸高千世子さんの作品。この日はわりと強風だったので、勢いよく回転・うごくさまはシラサギのダンスを見ているかのよう。
地図は空想地図ニスト 今和泉さんの作品の一部。平川町・平川駅などが載っているのでうれしくなって撮った。
最後の二枚は数式を美に変換する美術家・早川直己さんのもの。壁面3面を巨大なスクリーンとしたプロジェクション映像を、イスに座って鑑賞すると、映像の音楽とシンクロした鼓動が伝わるようになっている。
次はまたしても10年後か?
せめてトリエンナーレ(3年)といかずとも、5年くらいになれば・・・

|

« s町のこども園 | トップページ | 末吉 住吉神社と流鏑馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« s町のこども園 | トップページ | 末吉 住吉神社と流鏑馬 »