« 2017年11月 | トップページ | 2018年11月 »

2017年12月31日 (日)

m町のアパート 上棟

Img_6151 Img_6156 Img_6168 Img_6170 Img_6169 Img_6180 Img_6176 Img_6185 Img_6194 Img_6195 Img_6198  

m町の木造アパート、現場は建て方がすすみ、年末の晴天の一日、ぶじに上棟を迎えた。
今回はネダレス合板のさね付を採用したので、1Fを建ててから床板貼りを済ませ、再度クレーンを呼んで2F部を組むという工法となり、土台敷きから約1週間かけて上棟となった。
菓子や餅を捲く建築主の晴れやかな顔を見れるのがうれしい。
人生のハレの日に立ち会えるので、つくづくいい職業だとおもう。

| | コメント (0)

2017年12月27日 (水)

山頭火 句碑/末吉町

Img_5879 Img_5881 Img_5880 

曽於市末吉町にある山頭火の句碑。平成7年の建立。
先日、庄内町の新たに建てられた句碑のことを記したら、ある人からこの句碑のことを教えてもらったので、さっそく見に行ってみる。
山頭火の記録によると、昭和5年の行乞の旅の際、10月に志布志から岩川経由で汽車で末吉に降りたち、その足で周囲を行乞したと日記にある。
「年とれば 故郷こいしい つくつくぼうし」と刻まれている。この地で詠んだ句である。
現在は廃線となった旧志布志線の末吉駅舎前にこの句碑はあり、場所的にもふさわしい。
刻まれている石も自然石そのままであり、山頭火によりふさわしいように感じる。

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

y町プロジェクト 内装工事中

Img_5818 Img_5868 Img_5867 Img_5913 

y町のプロジェクト。法的な監理を担当している物件。
木造二階建ての寮施設であるので、ユニットバスの上部にわざわざ石膏ボードを貼ったり(県条例による)、防火上主要間仕切りが発生するので石膏ボード二重貼りの壁をつくったりとなにかと法規的な規制がかかるので、監理も気を使う。
現場の進捗に合わせて、足しげく写真を撮りにいく。

| | コメント (0)

2017年12月22日 (金)

w町の事務所 縄張り

Img_5874 Img_5876 Img_5878 

w町の現場。60坪ほどの事務所が建つ予定。
当事務所は強力という立場でかかわっている。
2年越しの設計であったが、ようやく着工の運びとなった。
けっこう力の入ったデザインであり、うれしからずやといったところ。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

銀鏡(しろみ)神楽

Img_5983 Img_5987 Img_5988 Img_5992 Img_5995 Img_5999 Img_6004 Img_6016 Img_6021 Img_6032 Img_6048 Img_6054 Img_6055 Img_6056 Img_6057 Img_6058 Img_6073 Img_6079 Img_6087 Img_6090 Img_6093 Img_6097 

宮崎県西都市の山深い地区 銀鏡(しろみ) ここに代々伝わる神楽があり、高千穂、椎葉にならぶ宮崎県の三大神楽とも言われ、昭和52年に国の重要無形民俗文化財に指定されてもいる。
民俗的な特徴をよく伝えている神楽とも言われるし、その祭壇に並ぶ猪の生首が取りあげられたりもする。
毎年、12月12日~16日が当銀鏡神社の大祭であり、その一部として14日の夜から神楽が夜を徹して奉納される。
夜8時に第一番がはじまり、計33番まで順次奉納されるのだが、朝の9時頃に8人の子どもも参加する第30番が終わり、第31番は鎮守(くりおろし)といい、祭壇の上から吊るされたロープをしまう所作を演技にしている。
これが終了すると祭壇を撤去し、いったん氏子たちは食事に入り、神楽は昼まで休憩となる。
食事のあと、場所を神楽殿からちょっと離れた小高い場所にある本殿へ移し、本殿祭という儀式を行う。
そして、それが終了してから神楽殿に戻り、いよいよクライマックスともいうべき第32番「シシトギリ」を舞う。これは、舞うというよりも狂言であり、漁師のかっこうをした老夫婦役のふたりと、行司役の白装束の氏子との三人で演じられ、エロチックな内容を含んだ掛け合い芝居だ。神楽殿には祭壇し使用したシバを積み、山と見立てて猪狩りの所作をする内容である。
老夫婦がめでたく狩りをおえ退場すると、こんどは三人の白装束の男たちがさい銭箱をかついで境内を一周する。これが第33番「神送り」であり、三人が社務所に入ると同時に、正装し神屋にいた氏子全員が膳をもち一列に並んで社務所に消えて行く。
これで一晩中そして翌日の昼過ぎまで続いた神楽はすべて終了となる。
すばらしい神楽だ。

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

nプロジェクト スプリンクラー工事

Img_5907 Img_5857 Img_5908 Img_3026 

ことしの3月に増築した施設であるが、その後、補助金を申請してスプリンクラー工事を実施することになり、このたび消防検査が終了し引渡となった。
昨年も老人ホームにスプリンクラーを取り付ける工事を担当したので、二年続けてのスプリンクラー工事をすることに。
消防法の改正により、小規模な施設もスプリンクラーが義務付けられるようになった。ただし3年ほどの猶予期間が設けてあったが、来年あたりから猶予が切れ、全て適用になる予定だ。
小規模施設には資金力が乏しいので、行政は補助金を用意してくれるのだが、たぶん、ことしでそれも最後であろう。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

m邸 造園工事

Img_5823 Img_5819 Img_5822 Img_5717

15年ほども前に当事務所で設計した住宅の庭園の改修がほぼ終了した。
流されて薄くなっていた砂利の下に防草シートを敷き、白っぽい砂利を敷きつめた。
雨落としは目詰まりにより排水が弱くなっていたようなので新たに集水パイプを挿入し、砂利を取り替えた。表面はナチ黒の磨いたもの8分と素地1寸を半々の割合で混合して敷きつめた。
庭に組んであった井戸状の石組には砂利を入れ、上部に伊勢のごろた石を載せ景をつくってみる。
傷みとコケの目立った犬走りのタタキ部分は土を撤去し、かわりに砂利を敷き、表面はナチ黒砂利の素地3分を敷き詰める。庭の白石と対照的に、雨落としと犬走りとが締まってみえる。雨が降って濡れると、石が黒く艶っぽい表情となるのがいい景色になる。
ガレージから庭へのアプローチとなる丸い飛び石は、撤去して玄関に移し、庭にある自然石で敷き石を組む予定だったが、歩行に適した平たい石が少なく、歩行につまづく危険があるとの施工者の意見を取り入れ、飛び石はそのままに、その周囲を補完するように丸石を埋めてもらったのだが、予想よりいい調子になったように感じる。
客座敷に面した坪庭は、現在敷かれていたびり砂利を撤去し、白っぽい3分ほどの砕石を敷き詰め、ツクバイまわりの玉石を洗い、流れ留めの焼杉丸太を新たにした。
玄関廻りはリュウノヒゲなどの小植栽をすべて撤去し、「さくら石」という名の赤と白の混合した石を敷く。シンプルにはなったが、あまりにすっきりしすぎて、こちらは石か何かを置くように現在宿題となってのこっている。

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

末吉 住吉神社と流鏑馬

Img_5848 Img_5849 Img_5844 Img_5839 Img_5833 Img_5845 

曽於市末吉町にある由緒ある神社 住吉神社と流鏑馬神事
毎年11月の末に流鏑馬が行われ、大勢の観客を集めているようだ。
ことしは、男女ふたりの射手が各3回づつの流鏑馬を奉納した。
参道の鳥居下からスタートし、約300mほどの直線の馬場を走りながら3つの的を射抜いていく。木製の四角い的の中央にはビニール袋に紙吹雪が仕込んであり、中央を射抜くと紙吹雪が舞う仕掛け。
最後の写真は流鏑馬の矢であり、先端はかぶら型の木製となっているので、人体に刺さることはなさそうだ。
疾走する姿をまじかで見ることができるので、かなりの迫力だ。

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

「南九州の現代作家たち」展 終了

Img_5850_2 Img_5851_2 Img_5921 Img_5922 Img_5924

都城市立美術館が10年ごとに開催する企画美術展「南九州の現代作家たち」メーッセージ2017展が12月3日で終了した。
20年前の1997年からはじまり、今回で3回目となる同館注力の企画であり、ことしも南九州にゆかりのある多彩な作家がそろった。
内外から関心の高い展覧会になっているとおもう。
上の写真ふたつは戸高千世子さんの作品。この日はわりと強風だったので、勢いよく回転・うごくさまはシラサギのダンスを見ているかのよう。
地図は空想地図ニスト 今和泉さんの作品の一部。平川町・平川駅などが載っているのでうれしくなって撮った。
最後の二枚は数式を美に変換する美術家・早川直己さんのもの。壁面3面を巨大なスクリーンとしたプロジェクション映像を、イスに座って鑑賞すると、映像の音楽とシンクロした鼓動が伝わるようになっている。
次はまたしても10年後か?
せめてトリエンナーレ(3年)といかずとも、5年くらいになれば・・・

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年11月 »