« スプリンクラーポンプ工事 | トップページ | Nプロジェクト 基礎工事 »

2016年12月 1日 (木)

『俳句旅愁-建築と俳句のはざ間で』 岩切平 著

Img_2101 

宮崎在住の建築家 岩切平氏による俳句と評論集。
「レント・・」に続く近刊小冊子シリーズの三冊目(たぶん)となる本。
氏がこれまでに新聞に掲載してきた評論に書き下ろしを加えて再構成された内容であるとのこと。
いつもながら、氏の高邁かつ広範な思考のクオリティの高さには驚愕・敬服するのみ。収録されている俳句も、すばらしいものなのだろうが、詩の素養のないわたしには、いかんともしがたい高尚な文にしか見えない。
写真は宮崎市にある平和の塔を素材としたプロジェクトの模型。
こうして、実現はしなくとも、理想とするカタチを追求する指向も建築家として尊敬するにあたいする。

|

« スプリンクラーポンプ工事 | トップページ | Nプロジェクト 基礎工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプリンクラーポンプ工事 | トップページ | Nプロジェクト 基礎工事 »