« ボストン美術館展/九国 | トップページ | 竹島に行ってみた »

2013年2月20日 (水)

南の家/ある町医者の記念館

201302157466 201302157422 201302157428 201302157440 201302157443

鹿児島県のさつま町にある小住宅。設計したのは堀部安嗣さん。ほぼデビュー作に近い時期のもの。友人の建築家・I君が絶賛していたので見に行ってみた。

リビングの大開口と低い天井高さが絶妙のプロポーションと居心地のよさをつくりだしているようだ。

201302157448 201302157446

木製のサッシの外側には雨戸と網戸が、内側には簾戸と障子がそれぞれ内蔵収納されている。小さく簡素な建物であるがゆえに、それらのしつらいとトップライトなどの小道具が建物の格というか気品を高めてくれているようだ。

201302157425 201302157426 201302157427 201302157437

すぐ近くには同じ設計者の「ある町医者の記念館」という施設がある。

201302157454 201302157457 201302157458 201302157459 201302157462

こちらもシンプルかつローコスト的な建築だが、空間やたたずまい的にはゴージャスな建築になっている。堀部さんの資質と力があらわれている。

※両施設ともふだんは無人でありカギがしてあるようです。ただし、希望すれば見学は可能です。記念館はともかく、住宅まで公開してくれている建築主に感謝。記念館は「あかひげ先生」と地域の人から慕われた医師を顕彰するもの。その子孫は建築界に赤ひげ先生的な奉仕をしてくれているようだ。

※2017年9月の情報です。記念館のプレートのところに、カギの管理場所を記したステッカーが貼ってあるとのこと。(求名交差点近くの店舗だそうです。)見学希望の方は参考にしてください。

|

« ボストン美術館展/九国 | トップページ | 竹島に行ってみた »

コメント

いきなり失礼します!
どこに希望をだせば内覧できるのでしょうか!
是非はいってみたいです!

投稿: | 2015年12月25日 (金) 01時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« ボストン美術館展/九国 | トップページ | 竹島に行ってみた »