« 高橋家コレクション展 | トップページ | 場所原論 »

2012年4月13日 (金)

ふるさとの家/高崎の古民家

201203206427 201203206429 201203236471

古民家を改修するプロジェクトが終了した。施設として使用可能にするための必要最低限かつローコストを追求した改修だったので、工務店や建築主と協議をくりかえしながらようやく竣工とあいなった。

大正時代、築90年の上等な古民家であり、そのしつらえを壊さないように気を配ったが、ローコストと必要最低限という条件が、それに適したようでもある。

施設名も「ふるさとの家」という名称に決まったとのこと。訪れる人にくつろいでもらいたいと願う。

201203206431

上の写真はこの施設の近くにある、田んぼを見降ろす墓地の一角にある石像。田んぼの耕地整理か水路工事の無事を願うためのものだろう。碑文がすり減り、見づらいのでよくわからないが、そんなことが書いてあったように推測す。

一面に広がるきれいに区画された田んぼを向いて、手を合わせた像が設置されている。なんともいい顔をしているので写真に撮っておいた。そういえば、この古民家とどちらが古いのだろうか。

|

« 高橋家コレクション展 | トップページ | 場所原論 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。