« 疲れたときには宮本常一がいい | トップページ | ソニー銀行 »

2011年10月19日 (水)

「DOCOMOMO Japan 150-未来への遺産 Future and Legacy展」

Cimg2692 Cimg2693

Scan10004 Scan100052 Scan10006

都城市在住のSさんが東京で開催中のDOCOMOMO150選展の写真を送ってくれた。

上左は会場である丸の内の行幸地下ギャラリーの全景、上右は都城市民会館の展示コーナーであるようだ。特徴的なあの屋根と会館の全景とともに、建設中とおぼしき写真も展示されているように見える。(11月1日に下の写真3枚を追加)

現在、docomomo Japanでは近代建築の優れた遺産として150をリストアップしている。そのなかで、九州にあるものは、以下の12でしかなく(最初の数字はドコモモの選定番号)、ほとんどの近代建築遺産は東京や大阪などの大都市圏とその周囲に存在しているのであり、九州におけるこの12の遺産がいかに貴重なものであるかがわかる。また、そのなかでも南九州(ここでは鹿児島・宮崎の両県)に限っていうと、内之浦のロケット基地と都城市民会館のふたつしかない。

048  熊本逓信病院(NTT西日本九州病院)/山田守/戸田建設/1956年/熊本

055  聖クララ教会(与那原カトリック教会)/片岡献/教会信者/1958年/沖縄

070  長崎市公会堂/武基雄/大長崎建設/1962年/長崎

073  日本二十六聖人記念館 聖フィリッポ教会/今井兼次/大成建設/1962年/長崎

082  大分県立中央図書館(大分市アートプラザ)/磯崎新/後藤組/1966年/大分

092  親和銀行本店/白井晟一/竹中工務店/1期1966年2期1969年/長崎

097  佐賀県立博物館/第一工房+内田祥哉/松尾・住友建設共同体/1969年/佐賀

108 九州工業大学記念講堂および事務棟/清家清/大成建設/1960年/福岡

120 都城市民会館/菊竹清訓/鹿島建設/1966年/宮崎

121 那覇市民会館/金城俊光+金城信吉/前田組/1967年/沖縄

132  東京大学鹿児島宇宙空間観測所(内之浦宇宙観測所)/
   池辺陽+東京大学生産技術研究所/銭高組/1962年/鹿児島

146 佐世保無線電信所(針尾送信所)無線塔1号塔・2号塔・3号塔および通信局舎
(佐世保海上保安部針尾送信所)/臨時海軍建築部(吉田直)/臨時海軍建築部/1922年/長崎

今回の展覧会は建築家の兼松さんがキュレーターをつとめ、地域別の展示構成にしたと氏のブログにあった。ということは、上の写真の都城市民会館の隣には、大分の図書館か熊本の病院、内之浦のロケット基地があるのだろう。

全国に無数にある近代建築の中で、わずか150だけが選定されている栄誉と、そのほとんどが東京と大阪などの大都市圏に集中している圧倒的なボリュームと、その状態のなかで、いくつかの建築物が地方の存在を知らしめ輝いている展示になっていたのだろう。

見に行きたかったが、会期は10月3日までだった。もしかしたら、これから全国に巡回展示されるかもしれないので、また見る機会があろう。

もうひとつの市民会館に関連する展覧会である、森美術館の「メタボリズムの未来都市展」はまだ開催中である。Sさんによると市民会館の木製の模型が展示してあり、出色であったとか。こちらは来年の1月15日までなので、なんとか見に行けるかもしれない。

Metabori

|

« 疲れたときには宮本常一がいい | トップページ | ソニー銀行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。