« 新燃岳と都城市民会館 | トップページ | 設備設計一級建築士証 »

2011年3月 3日 (木)

木造住宅見学会/レモン設計

Remonkengaku20110305

志布志市志布志町志布志、むかしトリビアに出てきた地名だ。

志布志まで都城市から車で約1時間、現在高規格道路が建設中ではあるが、遅々として進まない。完成すれば30分程度で行けるのだろうが、現在約10キロメートル程度が開通しただけ。ことし、ようやく都城市の五十町ー梅北間が開通する予定だが、その区間は3キロほどしかない。

さて、串間で活躍するレモン設計の河野さんが設計した住宅の見学会の案内です。「日本初の見えない金物」とある。スゴイ。写真で見えているT型のものがそのようだ。

もうひとつのテーマ、ハイブリッド集成材というのは、ヒノキと杉の協働(ハイブリッド)という意味。強度に優れるヒノキを上下につかい、杉を中間に使用することで、強度とコストを両立させる優れモノだと聞く。

興味のある方はぜひどうぞ。

|

« 新燃岳と都城市民会館 | トップページ | 設備設計一級建築士証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新燃岳と都城市民会館 | トップページ | 設備設計一級建築士証 »