« iso大分2題/アートプラザ/岩田学園 | トップページ | 都城市・高崎町の石蔵 »

2010年1月17日 (日)

あれから15年/阪神・淡路大地震

ハイチで大地震があり、数万人を超える死者が出そうだという。痛ましいかぎりだ。ハイチの人たちには何もできないが、せめてこれを教訓に安全な建物と社会を考え続けるだけだ。

ことしも1月17日がやってきた。阪神地区を激震が襲った日だ。もうあれから15年だそうだ。わたしの記憶装置はまだ数年前のような印象のインプットがなされている。それだけの衝撃があったということだろう。

02 03 07 08 11

のど元過ぎれば熱さを忘れるのが人間の業であるので、こういう悲惨な状況は、繰り返ししつこく情報を発信した方がいいだろう。それが体験・記録した人間の責任といえなくもないので、自戒を込めて写真を載せておく。

Im000008 Im0000001 Im000010 Im000016 Im000018_2

あれから15年、ハイチに限らず、日本はどこだってこういう惨劇の起こる可能性がある。南九州ではさいきん桜島の噴火が頻発していて、一日に一回は我が家の窓ガラスがドーンという衝撃音とともにビリビリと音をたてている。築40年の古家であるから、阪神クラスの地震が来たら、ひとたまりもなく倒壊するだろう。でも何も対策をしていないのは医者の不養生といってしまえばそれまでだが、トタン葺きの平屋に寝起きしているので死ぬことはなかろう。でも、阪神の震災直後にみたある建築家のコメントのように、「わたしも建築家だから、寝るときは靴を枕元に置いておく」程度の用心と覚悟は持っていたい。割れたガラスで足を怪我したら非難も救助もままならないからだ。

Scan10063

震災から約一ヶ月後に神戸に近い駅で撮影したものだ。「わたしはここにいます」というビラがびっしりと貼られていた。誰かがこの紙を印刷して被災者に配ったのだろう。当時は電車も不通でここから神戸まで数時間かけて歩く必要があったし、携帯もまだ普及してなかった。現在は携帯があるが、それでも充電できなければ数日で無用のものになってしまう。

Scan10064

被災者(たぶん)が川の水を水中ポンプで汲んでいる。これも誰かが電源とポンプを提供していたのだとおもう。

Scan10065

駅前の駐車場に並ぶ仮設トイレ。当時はトイレは悲惨だった。水も電気もないうえに家ごと破壊された人も多く、仮設トイレと川の水だけが頼りである。人間は排泄しなければならない。

Scan10067

この真新しいカーテンウォールの高層建物はほとんど無傷だった。数枚の窓ガラスが破損したようであり、型枠用のベニヤ板が嵌められている。さすがに近代建築と構造学の成果である。少なくとも建物のオーナーと設計者は安堵したことだろう。

Scan10066

大破した古い家屋と無傷の新築住宅。こんな光景があちこちにあり、瓦葺きはいっぺんに人気がなくなり、プレハブ系の住宅が株をあげた。倒壊した古い家屋は戦後すぐの逼迫した時期のものが多く、たぶん筋かいもなかっただろうから、ひとたまりもなかったのだろうが、木造在来工法と瓦葺きの需要はその後どうなったのだろう。わたしも板金葺きの家はよく設計するが、多くは建築コストと意匠的な面がその理由である。軽量な屋根が地震に有利なのは知っていいるが、南九州では台風も頻繁に来るので、どっしりとした瓦葺きの重量感も捨てがたい。

あれから15年、多くの被災者は出したが、あれだけの被害で死者が約6千人というのは時間帯もあり不幸中のさいわいと言っていいだろう。また、全国からたくさんのボランティアがはせ参じたのも光だった。たぶん、あれから耐震補強もすすみ、耐震基準の見直しもあり全国の建築物はだいぶ強度的には丈夫になっていることだろうが、都市部でこれだけの地震が起これば、やはり相当な被害と惨劇が起こるだろう。

あれから15年、格差社会や勝ち組負け組、不況の継続、くだらないテレビ番組、地球は温暖化しても、社会も家庭も冷え切っているかのようだが、精神的な余裕はどうなのだろう。15年前の神戸で大規模な略奪や暴動が起きなかったのは美徳とされたが、現在の社会に隣人を助けに行ける余裕があるのだろうか。被災者に弁当を配る意思があるのだろうか。自分のことは自分でしなさいと言われるのだろうか。わたしは人間としての矜持を保てるだろうか。建築家は丈夫な家をつくることはできるが、街なかのコミュニティや社会の精神構造までは手がまわらない。でも、できることはあるはずであるから、せめてきょう1日だけでも考えてみることに1月17日の意味がある。

|

« iso大分2題/アートプラザ/岩田学園 | トップページ | 都城市・高崎町の石蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iso大分2題/アートプラザ/岩田学園 | トップページ | 都城市・高崎町の石蔵 »