« 下水道工事中 | トップページ | 建築の品格を高めることが地方を解決する唯一の方策 »

2009年9月25日 (金)

永江明夫 遺作展

200909253340 200909253341_2

都城市鷹尾にあるNAギャラリーにて「永江明夫 遺作展」が開催されている。会期は10月4日まで。

永江氏は大島紬の工場経営のかたわら、たくさんの絵や書、陶芸作品を残した。実業と芸術の両分野で活躍した人だったが、惜しくも昨年11月に亡くなった。ようやく遺品の整理もついたのか、鷹尾の織物工場に隣接してあるこの瀟洒なギャラリーで開催のはこびとなった。

200909243312 200909243317 200909243318 200909243319

上は会場のようす。ギャラリーは都城の建築家・中岡さんが10年ほど前に設計したもの。深い軒先をもつギャラリーには全面がハイサイドライトとなっていて、自然光あふれる気持ちのいいギャラリーになっている。ちなみに隣接する織物工場も中岡氏が設計したもの。

会場の奥に十数点の油絵が展示してある。すばらしいの一言。独特の作品世界ができあがっている。このようにまとまって作品を見る機会はなかなかないだろう。他にも氏がデザインしたすてきな大島紬などが多数展示してある。

|

« 下水道工事中 | トップページ | 建築の品格を高めることが地方を解決する唯一の方策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下水道工事中 | トップページ | 建築の品格を高めることが地方を解決する唯一の方策 »