« 「都市の記憶を失う前に」建築保存まったなし! | トップページ | 都城市立美術館と山内多門展 »

2008年11月20日 (木)

「宮崎遺産」募集のお知らせ

東国原宮崎県知事が、「宮崎遺産」なるものの募集をしています。

認定基準は、以下宮崎県庁のホ-ムペ-ジより・・・・・・・

関係市町村の意見を踏まえて、学識経験者、観光・旅行関係者等からなる認定委員会において選考し認定します。

(選考基準)
  1. 現時点で認知度が低い(県外にはあまり知られていない)こと。
  2. 観光資源(集客力がある)である(なりうる可能性がある)こと。
  3. 県外にアピールできる素材であること。
  4. 次代に引き継ぐために守っていきたい県民の資産であること。
  5. 地域に観光資源として活用する意志があること(人材や組織の有無)。

・・・・・・・ということであり、わたしとしては、ためらわずに「都城市民会館」を候補として応募しました。まだまだ、建築関係者以外の一般的な知名度は全国的なものではなく、会館の勇姿がひろく紹介されることにより、建築の可能性を感じさせ、宮崎・都城の広報と観光に役立ち、将来の会館の存続を磐石なものにしておきたいと考えるからです。

応募サイトと応募フォ-ムはこちらにあります。「宮崎遺産」応募サイト(宮崎県庁)

全国からどなたでも匿名でも応募できます。12月1日必着です。

追伸、11月20日(きょう)の午後4時から、市民会館愛好者の有志が、会館の周囲に花を植えるそうです。ぜひご参加ください。(わたしは所用があり行けないのですが)

|

« 「都市の記憶を失う前に」建築保存まったなし! | トップページ | 都城市立美術館と山内多門展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。