« イレズミオリンピック | トップページ | 「大日本字」大日本タイポ組合の文字全集 »

2008年9月 1日 (月)

大阪・東京ふたつの中央郵便局

大阪で開催されるシンポジウムの案内です。

吉田鉄郎という逓信省建築家の代表作とされる中央郵便局が東京と大阪のそれぞれ駅前にあります。東京は1931年、大阪は1939年の竣工であり、どちらも戦前の近代オフィスビルの嚆矢として高い建築的評価を受けています。

このふたつの大都市の駅前に奇跡的に残された貴重な建物が、郵政公社の民営化により、建て替え計画が進行していて、この都心にのこる貴重な建築文化財を考えるシンポジウムです。効率化、収益向上だけが建物や都市の存立要因でないことは自明でしょうが、いまいちど、そのことについて真剣に考えてみる必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『日本における近代建築の原点
  ー吉田鉄郎の作品:大阪・東京ふたつの中央郵便局庁舎ー』

開催日時:9月13日(土)14時~17時 (受付開始:13時40分)
会場: 学校法人常翔学園[大阪センター] 301+302室 
大阪市北区梅田3-4-5 Tel : 06-6346-6367

シンポジウムの主催者は 日本建築家協会(JIA)近畿支部です。問い合わせは06-6229-3371までどうぞ。

Yuubinsinpo080901

チラシ上の写真が大阪中央郵便局、中左の小さな写真のものが東京中央郵便局です。

|

« イレズミオリンピック | トップページ | 「大日本字」大日本タイポ組合の文字全集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イレズミオリンピック | トップページ | 「大日本字」大日本タイポ組合の文字全集 »