« クールな建築  | トップページ | 京間・キョウマ=狭間? »

2008年8月 1日 (金)

夜の千日通り(都城)

連日暑い日が続きます。♪ことしの暑さ(寒さ)は記録的・・・なんて井上陽水の曲を歌いたくなりますが、このところ、暑かったり雨だったり、異常気象じゃない年の方がめずらしいくらいです。

さて、そんなときはちょっとでも涼しい情報を。というわけで、先日、夜の都城千日通りを歩いてみましたので写真を載せておきます。

200807161849 200807161852 200807161851

左から、メインホテルの裏あたり、千日通り中間のクランクする交差店のビル、西のお寺門前の料理店。

200807161858 200807161853 200807161866

左から、西のお寺の山門、クランク交差店から南側をみる、さらにその先。

200807161867 200807161868 200807161869

かつては都城一の繁華街として賑わったこの通りには、たくさんの飲食店が軒を連ね、映画館やパチンコ店が並ぶ賑わいでした。中央通り(10号線)商店街の裏通りとして、市民の胃袋と猥雑性を満たす南九州有数の歓楽街は、ア-ケ-ドも撤去され昼夜問わず歩く人も少ない静かな佇まいに変わりました。かつての賑わいを知る人には、信じられないような変貌でしょうが、40代の中ばを過ぎたわたしでも、じつは千日通りの栄光をあまり覚えておらず、七夕飾りの華やかなことくらいしか印象は薄かったりするのでした。

ただ、上の写真のあたりの店は健闘していて、店構えもしっかりしています。右の写真の手前の店は、街路に面したウインドウに上から水を落とす仕掛けをつくっていて、この時期は納涼気分が感じられます。この近くは総合庁舎に至近なのと、市役所からも近いので、そちら方面の宴会・食事ニ-ズがあるのだろうと推測します。

200807161872 200807161873 1848412_img

ちょっと暗すぎて見にくいですが、左が数年前に完成した総合庁舎、中の写真はその前から千日通りの入り口を見たものです。右は昨年1月のア-ケ-ド撤去工事中の同位置からの写真。総合庁舎は、さびれる一方の中心市街地のにぎわいづくりも期待されてこの地に建てられました。総合庁舎には税務署や法務局、職業安定所などが入居していますので、来庁者は多数にのぼり、ときには、駐車場が満車となることもありますし、職員もかなりの人数が働いているでしょうから、通りの活性化に一定の寄与は果たしているでしょうが、来庁者はほとんど車で来て車で帰るわけですので、千日通りや中央通りを歩く人の数は、あまり変化がないように感じます。

ただ、この庁舎は駐車場を夜間と休日、一般に開放してくれているのはいいことです。千日通りや中央通りの飲食店に行く人や、休日の待ち合わせなどによく利用されていて、中心市街地に無料の駐車場があることの効果は、かなり大きいものがあるようです。郊外型のショッピングセンタ-が繁盛して旧商店街がすたれる要因のひとつは、無料駐車場の有無にあるわけですので、この駐車場はとても重要です。

ア-ケ-ドも撤去され、火の消えたような千日通りを、門前町として生きかえらせようという構想を聞いたことがあります。通りのほぼ中心部にある西のお寺(攝護寺)は、全国でも有数の門徒数をもつお寺であるそうです。通りには、寺での法事のあとの食事ニ-ズの高い飲食店もあるわけです。そういった特徴を活かして、通りの賑わいを取り戻そうという構想であり、いちばん上の段の中の写真のビル(かつてはパチンコ店だったと記憶します)が、外観に木組を施した意匠にリニュ-アルしているのはその構想の影響があったのだとおもいます。

消費者は貪欲ですので、いいもの、魅力のある行きたいところができれば人は集まります。「昭和の町」として売り出した大分県の豊後高田の商店街のように、いったんそれが認知されると、かなりの人を集めることになります。千日通りの門前町構造も、もしかすると大化けする可能性がなきしにもあらずでしょうが、それよりも、まずは自分の感性と嗜好に忠実に、自分が行きたいとおもう店や雰囲気のある場を実現させてみることだとおもいます。そんな自然発生的な街に魅力を感じます。たとえば、大阪のアメリカ村は、気のあった仲間といつでもおいしいコ-ヒ-が飲める店が欲しいという女性が、それなら自分で、とつくったカフェがはじまりでした。やがて気に入った雑貨やファッションもアイテムに加えたその店には感性をおなじくする士が多数集まるようになり、それに感化されておしゃれな店が続々誕生し、ブランド化した街に大化けしました。

千日通りを愛し、センスと個性ある店づくりを考えている人がいましたら、ぜひコラボレ-ションさせてください。

|

« クールな建築  | トップページ | 京間・キョウマ=狭間? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クールな建築  | トップページ | 京間・キョウマ=狭間? »