« 都城市民会館の新聞記事 | トップページ | 最近、やたらと多いですね »

2007年8月15日 (水)

毎日新聞・五十嵐太郎さんの記事

建築史の分野にとどまらず、さいきんは景観論や文化論など幅広く言論の場で活躍している五十嵐太郎さん(東北大学准教授)の「都城市民会館」に関する評論記事が8月13日の毎日新聞(夕刊)に載りました。

残念ながら、全国版の夕刊なので、夕刊のないこの宮崎県ではいつその記事が載るのかわかりませんが、全国に都城市民会館の価値と保存を訴える記事が載ったことの影響力は大きいものがあるはずです。

一刻も早く読みたくて、鎌倉の恩人に記事をFAXしてもらいました。

直裁でシンプルで力強い文章です。都城市のみならず、建築と都市の将来がかかっている重要な問題であることを訴えています。

Scan10017_2

PDFデ-タを収録しておきます。

「毎日新聞・五十嵐さんの記事をダウンロード

|

« 都城市民会館の新聞記事 | トップページ | 最近、やたらと多いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都城市民会館の新聞記事 | トップページ | 最近、やたらと多いですね »